館山 左打ちで居残り特打 投球の影響考え“本気”

[ 2013年2月2日 06:00 ]

 血行障害を抱えるヤクルトのエース館山が、本格的に左打ちに取りかかった。

 これまで右打ちで、打撃やバントをした際に右手にしびれが残って投球にも影響が出ていた。そのため「やっていて損はない」と投球練習などの投手メニューをこなした後に、投手では異例の1時間の居残り特打を左打ちで敢行。「今年も右打ちで影響が出るのであれば(シーズン中に左打席に入る)可能性もある」と真剣な目で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月2日のニュース