松坂に偽ツイッター騒動 敏腕記者になりすまし「レ軍と…」

[ 2013年2月2日 06:00 ]

偽ツイッター騒動に巻き込まれた松坂

 レッドソックスからFAとなり、現在も去就未定の松坂が、偽ツイッター騒動に巻き込まれた。

 1月31日(日本時間1日)、敏腕で知られる米FOXスポーツのケン・ローゼンタール記者を名乗る人物がツイッターで「メッツが松坂獲得に強い興味」「レンジャーズが松坂と交渉。ダルビッシュの相談役になる」と次々とツイート。さらに、その約3時間後には「レンジャーズが松坂と1年契約。14年は球団に選択権」とまで報じた。

 しかし、このツイッター、実は全くの偽者によるものだった。アイコンや自己紹介文まで本物から拝借しているが、フォロワー数は本物の約32万人に対し、偽者はたったの40人。当のローゼンタール記者はご立腹の様子で、「この24時間、偽のアカウントがいろんな作り話のニュースを流している。ツイッター(の公式管理者)に連絡している」とツイートし、フォロワーに注意を促した。移籍先を模索している松坂にとっても、何とも迷惑な騒動となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月2日のニュース