来季開幕前にセ6球団監督“討論会”プラン検討

[ 2012年12月11日 06:00 ]

 セ・リーグが来年3月25日に6球団監督によるパネルディスカッションの開催を検討していることが10日、分かった。

 同日の理事会で、3月29日の来季開幕に合わせた合同イベントを行うことで意見が一致。6球団監督が一堂に会し、ファンを招待した上で開幕投手を公表するなどの具体的なプランが検討された。パ・リーグでは今季開幕前日に6球団監督がテレビ局の中継を介して同時出演して話題を呼んだ。

 また、セ理事会で14年度以降の交流戦日程短縮について話し合われた。現在のホーム&ビジター制を隔年で一方のホームのみの開催に変更するもの。12球団の実行委員会でも話は出たが、議論は次回1月の実行委員会以降に持ち越しとなった。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月11日のニュース