日本ハム 大谷口説いた「攻略本」25ページ 近日中に開示へ

[ 2012年12月11日 06:00 ]

 日本ハムが近日中にも「攻略本」を開示する。大リーグ挑戦を表明していた花巻東・大谷をドラフト1位で強行指名。その後、栗山監督が3度直接出馬するなど45日間かけて、日本ハム入りにこぎ着けた。その大きな要因が11月10日の交渉で球団が大谷側に示した「大谷翔平君 夢への道しるべ 日本スポーツにおける若年期海外進出の考察」と題した冊子だ。

 当初から栗山監督は「隠すものではない」と話していたこともあり、報道陣を通じて開示することを決めた。

 A4判25ページと別紙5枚にも及ぶ資料は、若いうちから海外へ渡ることのリスクを実例を挙げて示したもので、元高校教諭でアマスポーツ界にも顔が広い大渕隆スカウトディレクターの発案で球団を挙げて作成した。かたくなだった18歳の心を動かした資料の開示は他球団の参考となりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月11日のニュース