3時間半ルール 結論は先送り「今後の検討必要」

[ 2012年12月11日 06:00 ]

 実行委員会で、3時間30分を超えて新しい延長回に入らない特別ルールを来季も導入するかどうか議論された。

 セ、パ両リーグともに従来の延長12回制に戻す方向で一致しているが、「電力事情を踏まえて今後の検討が必要」(オリックス・村山良雄球団本部長)という意見が大勢を占め結論は先送り。また、ポスティング・システム(入札制度)の見直しについては「日米の意見交換の段階」(広島・鈴木清明球団本部長)と具体的な言及はなかった。

 ▼実行委その他の審議事項 (1)一般社団法人日本野球機構(NPB)理事会で、東日本大震災被災地の復興支援事業の骨子を承認。来年3月のWBC期間中の支援企画も検討している(2)実行委員会で、外国人の育成選手は1年目(日本人は2年目)から独立リーグへ派遣を認めることを承認(3)来季も統一球使用を確認(4)パ・リーグ理事会でオリックス村山良雄球団本部長を来年度の理事長として承認。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月11日のニュース