神村学園に3カ月対外試合禁止処分 夕陽丘監督は大麻所持で除名

[ 2012年12月11日 16:56 ]

 日本学生野球協会は11日、審査室会議で高校野球関連の18件の処分を決め、ことしの春夏の甲子園大会に出場した神村学園(鹿児島)を部員の部内暴力で3カ月間の対外試合禁止処分とした。部員の窃盗などがあった東北工大高(宮城)は1年間、喫煙があった東京学館(千葉)は6カ月間の対外試合禁止処分。

 夕陽丘(大阪)の監督は大麻所持で除名された。

 対外試合禁止処分を受けた11校の処分期間と理由は次の通り。

 帝京五(愛媛)10月29日~来年1月28日=部員の喫煙▽福岡魁誠 10月25日~11月24日=部員の賭けトランプ▽川西明峰(兵庫)9月28日~12月27日=部員の部内いじめ▽東北生活文化大高(宮城)10月19日~来年1月18日=部員の窃盗▽東京学館(千葉)10月12日~来年4月11日=部員の喫煙▽大商学園・軟式(大阪)11月9日~来年2月8日=部員の部内暴力▽神村学園(鹿児島)11月3日~来年2月2日=部員の部内暴力▽大産大付(大阪)11月21日~来年2月20日=部員の部内暴力▽美濃加茂(岐阜)12月5日~来年1月4日=部員の部内暴力▽宮津(京都)8月28日~11月27日=部員の恐喝、写真のメール掲載▽東北工大高(宮城)11月20日~来年11月19日=部員の部内暴力、窃盗、喫煙、飲酒

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月11日のニュース