メジャー434発男獲得 三木谷オーナー「優勝できる戦力を」

[ 2012年12月11日 18:22 ]

 楽天が米大リーグ通算434本塁打の実績を持つ強打者のアンドルー・ジョーンズ外野手(35)を獲得したことが11日、分かった。東京都内で球団の経営諮問委員会に出席した三木谷浩史オーナーが明らかにした。同オーナーは「外国人が1人決まったし、来年は優勝できる戦力を整えられるよう、現場を応援したい」と話した。メディカルチェックを終えてから正式に発表される。

 ジョーンズはブレーブス時代の2005年には51本塁打、128打点でナ・リーグの2冠に輝き、1998年から07年まで10年連続でゴールドグラブ賞を獲得した。昨季からヤンキースでプレーし、今季は94試合で14本塁打、打率1割9分7厘だった。

 楽天は今季、外国人野手が低迷し、チーム本塁打は12球団最少の52本に終わった。大砲が不在で左打者の多い打線にとって、右打者の外国人選手は来季への補強ポイントだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月11日のニュース