球児、テレム氏と代理人契約 団野村氏と強力コンビ

[ 2012年9月5日 06:00 ]

 海外フリーエージェント(FA)権を行使する意思を固めている阪神・藤川球児投手(32)が、今オフのメジャー移籍に備えてアーン・テレム氏(57)と代理人契約を結ぶことが4日、分かった。

 すでに契約を結んでいる団野村氏(55)とともに万全のサポート態勢が敷かれることになった。2人は昨オフ、ポスティング・システム(入札制度)でメジャー移籍を目指したダルビッシュとレンジャーズの契約をまとめたコンビ。藤川は練習後、FA権行使についての質問には「答えるつもりはない」とだけ話し、試合後も「すみません」と言い残し、車に乗り込んだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月5日のニュース