マジック減って17も…巨人、攻守に精彩欠く

[ 2012年9月5日 21:50 ]

セ・リーグ 巨人0―6阪神

(9月5日 甲子園)
 中日が敗れ、巨人の優勝へのマジックナンバーは「17」に減ったが、攻守で精彩を欠いた。

 3回途中に江柄子を救援した高木康が3連続適時打を浴びた。原監督は「左投手が左打者のところで機能しなかった」と嘆いた。

 この回の失点には村田、実松の失策が絡んだ。さらに打線はメッセンジャーに4安打で零敗。岡崎ヘッドコーチは「球も速かったし、制球も良かった」と脱帽するしかなかった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月5日のニュース