石川好投も5連敗…自己ワーストタイの11敗目

[ 2012年9月5日 06:00 ]

<D・ヤ>川本(右)とともにベンチへ戻るヤクルト先発・石川

セ・リーグ ヤクルト1-2DeNA

(9月4日 横浜)
 ヤクルトの石川が6回5安打2失点も、04年以来となる自己ワーストタイの11敗目を喫した。

 これで7月18日のDeNA戦(神宮)から5連敗。同点の4回2死一、二塁で、内角高め直球を筒香に右翼線に運ばれ決勝点を与えた。「筒香には内角の厳しい所に投げたんですけど。でも後半の投球は良かったと思います」。3回からは10年ぶりにノーワインドアップを取り入れたが、白星は遠かった。チームの連勝は3で止まり借金は再び5となった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月5日のニュース