中村GM就任発表の日…メッセ完封!巨人戦9連敗でストップ

[ 2012年9月5日 21:18 ]

巨人に完封勝利し、ガッツポーズする阪神・メッセンジャー

セ・リーグ 阪神6―0巨人

(9月5日 甲子園)
 投げて打って、助っ人右腕が宿敵相手に躍動した。阪神の先発メッセンジャーは、巨人打線を9回4安打12奪三振で0封。124球の熱投で4月17日のヤクルト戦以来、来日2度目の完封勝利で7勝目を挙げた。阪神は巨人戦の連敗を9で止めた。

 「チームがいい攻撃をしてくれたから、なんとかジャイアンツを0に抑えることだけを考えていた」。ひたすら捕手のミットをめがけ投げ込んだという右腕は初回、2つの四球で自らピンチを招いた。「自分ができること以上のことをやろうとしていた。ベンチに戻って、もう一度考え直してからマウンドに上がったよ」と開き直り、その後は安定した投球を見せた。

 3回の第2打席では2死一、三塁からこの回4得点目となる適時左前打。「いい状況でいいタイムリーだったと思う」と自身の思わぬ一打を笑顔で振り返った。

 今季の優勝の可能性は既になく、自力でのCS進出の可能性も消滅。5位に甘んじるチームはこの日、球団史上初のGMに中村勝広氏(63)が就任したと発表。いきなり“GM効果”が出て?これまでの苦戦がウソのような快勝劇。猛虎復活へ、新たな1歩踏み出した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月5日のニュース