西武8回同点も“天敵”摂津にホームで7連敗

[ 2012年9月5日 06:00 ]

<西・ソ>10回2死二塁、多村に中前適時打を打たれる長田

パ・リーグ 西武3-5ソフトバンク

(9月4日 西武D)
 執念は実らなかった。西武は8回に追いつくも延長10回に救援陣が力尽きて連勝ストップ。2位・日本ハムに0・5ゲーム差と迫られた。渡辺監督は「打線が機能しなかった。追いついたんだからサヨナラまで持ち込まないと」と悔しがった。

 苦手の摂津を序盤に攻略しきれなかった。それでも1点を追う8回に中島の右前適時打で同点。しかし、2番手・長田がつかまって万事休した。4回の守備では無死一塁から内川が放った右翼への打球に大崎が果敢に突っ込んだが後逸し同点。続く小久保の犠飛で勝ち越しを許し「ジャッジミスだった」と大崎はうなだれた。西武ドームでは対摂津7連敗。今季も1勝4敗と相性の悪さを露呈したが、土井ヘッドコーチは「次こそは土をつける」とリベンジを誓った。

 ▼西武・岸(9回3失点で勝敗つかず)全部浮いた。点を取ってもらった後に取られたのはリズムという課題がクリアできていないということ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月5日のニュース