日本 コロンビアに今大会初の完封負け 藤浪5回3失点で降板

[ 2012年9月5日 16:55 ]

2次ラウンド初戦でコロンビアに敗れ、応援席にあいさつする日本代表ナイン

 18U(18歳以下)世界野球選手権第6日は5日、韓国・ソウルで2次ラウンド初戦を行い、グループBの日本(4勝1敗)はグループAのコロンビア(3勝2敗)と対戦し、3―0で敗れた。

 日本は夏の甲子園を制した大阪桐蔭のエース藤浪が先発したが、立ち上がりから制球が定まらず、2回1死二塁で、捕逸と三塁への悪送球が重なり先制点を与えると5回にも守備の乱れと2安打で2点を失った。藤浪はこの回で降板。5回99球を投げて、6安打3四死球3失点だった。

 打線はコロンビアの先発の左腕ペレスの前に7回まで散発3安打。8回には代わった右腕・ルイスから2死満塁のチャンスを作るも笹川(浦和学院)が三邪飛に倒れ、あと一本が出ず。今大会初の無得点で敗れた。

 6日は韓国と対戦。2次ラウンドには日本とコロンビアのほか、カナダ、台湾、米国、韓国が進出し、それぞれ1次ラウンドで別組だった3チームと対戦する。1次ラウンドの対戦成績を持ち越すため、日本は1勝2敗となった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月5日のニュース