3併殺の拙攻で零敗…ロッテ、自力優勝の可能性消滅

[ 2012年9月5日 22:43 ]

パ・リーグ ロッテ0―2オリックス

(9月5日 ほっと神戸)
 ロッテは3併殺の拙攻で零敗。今季初めて勝率5割を切って自力優勝の可能性が消え、西村監督は「点を取れないと勝てない」と嘆いた。

 特に二回無死一塁では左翼へのライナー性の飛球に、走者の角中が戻れなかった。序盤不安定だったプロ初先発の前田を助け、監督は「あそこまで出てはいけない」と苦言を呈し、角中も「ちょっと判断が遅かった」と肩を落とした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月5日のニュース