侍エースだ!ダルにレ軍指揮官出場OK「彼の意見を尊重」

[ 2012年9月5日 06:00 ]

09年の第2回ワールド・ベースボール・クラシックで連覇に貢献したダルビッシュ

選手会がWBC参加正式表明

 大会3連覇を目指す侍ジャパンには朗報だ。レンジャーズのロン・ワシントン監督が3日(日本時間4日)、ダルビッシュのWBC出場を容認した。「国のために戦うのは素晴らしいこと。彼が出場したいと言えば、意見を尊重したい」。シーズン終了後に話し合いの機会を持って本人の意思を確認するが、指揮官のゴーサインにより、最大の障害はクリアされた。

 ダルビッシュはこの日、ロイヤルズ戦に先発し、7回3失点で14勝目をマーク。

 ワシントン監督がWBC出場を容認した理由の一つは、1年目から結果を残し、ローテーション投手としての地位を確立したことだ。地区首位に立つレ軍はプレーオフ出場が濃厚で、仮にワールドシリーズまで出場すれば、最長で11月1日(日本時間2日)までプレーすることになる。

 1年目の疲労を考えれば、球団としては休ませたいが、同監督は「彼に対する日本の期待が高いことはよく分かっている。WBCの年は普段よりもキャンプの期間が長い。戻ってきてから数週間準備すれば大丈夫だろう」と理解を示した。メジャーでさらに進化を遂げているダルビッシュ。侍ジャパンのエースはこの男しかいない。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月5日のニュース