摂津レオキラーだ14勝 2位に2差ハーラー単独トップ

[ 2012年9月5日 06:00 ]

<西・ソ>力投するソフトバンク先発・摂津

パ・リーグ ソフトバンク5-3西武

(9月4日 西武D)
 昨季に並ぶ自己最多タイ、そしてハーラートップをひた走る14勝目にも満足感はない。ソフトバンクの摂津は首位・西武との大事なカード初戦に勝ったことが何よりもうれしかった。

 「自分の勝ちに興味はないです。(カード初戦勝利に)それが本当に大きい。チームに勢いが出る」

 本調子ではなかった。2回2死、オーティズの一発に続き、3回2死満塁では中村に押し出し四球。3回までに61球を費やすなど自慢の制球が乱れた。しかし西武・岸のお株を奪うカーブを軸にした配球に切り替え修正した。5回には大崎、浅村をそれぞれカーブで仕留めるなど、4回から4イニング連続で3者凡退。「本調子じゃなかったけど細川さんがカーブをうまく使ってくれて修正できた」と女房役に感謝した。

 1点リードの8回2死から秋山に三塁打を浴び、続く中島に右前へ同点適時打。「最後は粘れなかったのでそこが悔いが残る」と反省したが、9回134球、3失点の力投。延長10回、味方が2点を奪い白星が転がり込んできた。高山投手コーチは「摂津はカーブを使い始めて球数が減って緩急が使えるようになった。投げ切っているから(白星の)ご褒美もあった」と労をねぎらった。

 入団から7勝無敗と好相性の西武ドームで首位を叩いた。「残りも全て勝つつもりでいきたい」と摂津。3位ながら西武まで4ゲーム差。逆転3連覇がおぼろげながら見えてきた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月5日のニュース