田沢 シビれる場面で最高の投球 レ軍7連敗で止まった

[ 2012年9月5日 16:20 ]

ア・リーグ レッドソックス4―3マリナーズ

(9月4日 シアトル)
 レッドソックスの田沢は4日、シアトルでのマリナーズ戦に3番手で登板し、2/3回を投げて無安打無失点だった。

 4―3と1点リードの7回1死一、二塁から登板し、4番のモンテロを初球の変化球で一直に打ち取ると、続くスモークを速球で三邪飛に仕留めた。

 これでピンチを脱したレッドソックスはそのまま逃げ切り連敗を7で止めた。「走者も背負っていたので、低めとしっかりコースを、と意識していた。いいアピールができたと思う」と田沢。

 大事な場面での起用に応えた右腕にバレンタイン監督も「田沢はエクセレントだった」と賞賛した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月5日のニュース