福留 「そう思えば初球から」読み勝ちの初打点で逆転勝ち

[ 2012年4月23日 13:32 ]

ア・リーグ ホワイトソックス7―4マリナーズ

(4月22日 シアトル)
 ホワイトソックスの福留22日、シアトルでのマリナーズ戦に「7番・中堅」で出場し、2打数1安打2打点だった。

 内容は一ゴロ、四球、中犠飛(打点1)、右前打(打点1)で、打率は1割8分8厘。今季初打点を記録した。

 「投手も代わりばなでボールにはしたくないだろうし、そう思えば初球から」。あとは力まないことが大切。「軽く、軽く」と言い聞かせながら、外角寄りの速球をセンターへ。犠牲フライとなり、ホワイトソックスは逆転に成功した。

 8回にもマリナーズの息の根を止める適時打を放ち、チームの3連勝に貢献した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年4月23日のニュース