好調レンジャーズ 貯金10でゲーム差広げる マリナーズは後退

[ 2012年4月23日 15:41 ]

 大リーグは22日、第4週を終了し、ア・リーグの西地区はダルビッシュが所属するレンジャーズがこの週5勝1敗で13勝3敗とし、2位との差を5・5ゲームに広げて単独首位をキープした。マリナーズは7勝10敗と振るわず、2位から3位に後退した。

 東地区はヤンキースが9勝6敗でブルージェイズと並んでトップを守り、レッドソックスは5連敗で単独最下位となった。中地区は10勝6敗のタイガースの首位は変わらず、ホワイトソックスが0・5ゲーム差の2位で続いた。

 ナ・リーグの中地区はカージナルスが11勝5敗で首位を走り、ブルワーズは7勝9敗でレッズとともに4ゲーム差の2位。東地区は12勝4敗のナショナルズ、西地区は12勝4敗のドジャースがそれぞれトップを守った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年4月23日のニュース