“困っていた”福原も驚く強運「大和、やっぱり持ってたな」

[ 2012年4月23日 06:29 ]

<D・神>5回2死満塁、大和は左中間に3点適時三塁打を放つ

セ・リーグ 阪神11-3DeNA

(4月22日 横浜)
 「大和、やっぱり持ってたな」。6打点のヒーローに試合後、思わずそう口にしたのは阪神の福原だ。

 前夜のこと。横浜市内の焼き肉店に出掛けた右腕は、タクシー内に自身の携帯電話を忘れて降りてしまった。何度電話をしても、一向につながらない。困った…、という時に、ようやくつながった。

 「もしもし!実は…。ん?大和かよ!」。相手は何と大和。福原が降りたタクシーに偶然にも乗り、後部座席に落ちていた携帯電話に気付いたという。「今朝、球場でお礼言っといたわ。あいつ、強運やで!」。携帯電話も見つかり、チームも大和の活躍で大勝。9回を締めた福原はニッコニコだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年4月23日のニュース