西武中継ぎ陣の不安露呈 背信のマイケルは2軍落ち

[ 2012年4月23日 06:00 ]

<ロ・西>8回1死一、二塁、打者今江の時、マイケル(右端)は降板する

パ・リーグ 西武4-6ロッテ

(4月22日 QVC)
 西武は救援陣が踏ん張れず逆転負け。連敗で借金7となった。1点リードの8回1死から登板した3番手・マイケルが連打を浴び同点にされると、4番手の岡本篤も2点三塁打を浴び「これだけ使ってもらっているのに。力不足です」とうつむいた。

 渡辺監督は「逃げ切らなくちゃいけない試合だった」と話し、マイケルの2軍降格と藤田の1軍昇格を決めた。打線は上向きなだけに中継ぎ陣の整備が急務だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年4月23日のニュース