松井ヤンキースと接触…DH不在で一気に古巣復帰も

[ 2012年1月18日 06:00 ]

古巣ヤンキースのDH候補に浮上した松井はDeNA・中畑監督の「新監督就任を祝う会」でファンに手を振る

DeNA・中畑監督の「新監督就任を祝う会」

(1月17日)
 ヤンキースがDH候補として、アスレチックスからFAとなっている松井と接触していることが分かった。16日(日本時間17日)、米CBSスポーツのジョン・ヘイマン記者が自身のツイッターで「松井とヤンキースが接触している。チーム予算や(松井が活躍した)経歴を考えればフィットする」と伝えた。

 ヤ軍は今オフにFAで黒田、交換トレードでマリナーズからピネダを獲得し、先発陣の立て直しに成功。一気に優勝候補となったが、交換要員として強打者モンテロを放出しDHが不在となった。通算2723安打のデーモン、昨季28本塁打のペーニャとも接触しているが、いずれも昨季年俸は500万ドル(約3億8500万円)以上。チーム総年俸はすでに2億1200万ドル(約163億2400万円)程度で、獲得予算は100万~200万ドル(約7700万~1億5400万円)といわれており、200万ドル台が相場とされる松井の名前が浮上した。

 松井はヤ軍との接触について「(代理人のアーン・テレム氏から)何も聞いていません」とコメント。米報道でヤ軍が浮上していることにも「今の時点で何とも言えない」とした。ヤ軍はジーター、ロドリゲスらを、休養のため20試合ほどDHで起用する方針。入団した場合、松井に保証されるのは先発では100試合前後とみられる。しかし世界一を狙え、愛着の強いチーム。ヤ軍が本格交渉に動けば、一気に古巣復帰となる可能性はある。
 

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月18日のニュース