バレンティン 本塁打王でも開幕1軍の確約なし

[ 2012年1月18日 06:00 ]

 ヤクルト・小川監督が昨季本塁打王を獲得したバレンティンの開幕2軍の可能性を示唆した。

 「(昨季は)後半はホームラン王じゃないでしょ。約束できない。(1軍は)分からない」。31本塁打を放った助っ人だが、勝負どころの9月以降はわずか6本塁打。チームのV逸の要因ともなった。それだけに「今季は去年を上回るものがないと大変だな」。キャンプから横一線で、林昌勇(イム・チャンヨン)、バーネット、ミレッジ、ロマンと1軍外国人枠を競うことになる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月18日のニュース