ヤンキース 松井側と接触も優先順位低く 安い年俸でサインも

[ 2012年1月18日 08:37 ]

 ヤンキースがアスレチックスからFAとなった松井秀喜外野手の代理人と接触したと、17日付の米紙ニューズデーが報じた。

 同紙は、昨季不振だった松井の優先順位はチームにとって低く、ほかにレイズからFAのデーモンやカブスからFAのペーニャが候補だとしている。またヤンキースがDH獲得にかける資金は少ないが、松井は安い年俸でもサインする可能性があると予想している。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月18日のニュース