小川監督「即戦力として獲得」のドラ2・木谷を視察

[ 2012年1月18日 06:00 ]

 ヤクルト・ドラフト2位ルーキーの木谷(日本文理大)が、初めてブルペンに入り、視察にきた小川監督の前で、捕手を立たせたまま約20球投げた。

 木谷は「緊張しました。キャンプから逆算して、きょう入ろうと思った」と話した。小川監督は、福岡県出身の右腕を1軍キャンプに参加させる方針を決めており、「これからもっとなじんでくると思う。即戦力として獲得している」と期待した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月18日のニュース