大嶋初ブルペンで課題も…投手は「投げやすかった」

[ 2012年1月18日 06:00 ]

ブルペンで森内の投球を受ける日本ハム・大嶋

 日本ハムのドラフト7位・大嶋(早大ソフトボール部)が、昨年の都市対抗で完全試合を達成したドラフト5位・森内(JR東日本東北)の女房役としてプロ初ブルペン入りした。

 ただ、立ち投げでの30球にも、ソフトボールとは違う硬式球の軌道にミットの芯でキャッチできず、捕球音が響かないことで「すみません」と謝るシーンもあった。「自分は球を追いかけてしまう癖がある。いろんな投手の投球を受けて、早く慣れたい」と課題を口にした大嶋。それでも、後逸など大きなミスはなく森内は「体が大きくて投げやすかった」と相性の良さを強調していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月18日のニュース