青木最終日決着へ ブ軍GMが多忙で本格交渉持ち越し

[ 2012年1月18日 06:00 ]

 ヤクルト・青木とブルワーズとの交渉は、期限最終日の17日(日本時間18日)までもつれ込むことになった。

 16日(同17日)は調停権を持つ選手に対し、球団と選手側が金額提示をする期限でもあり、ブ軍のダグ・メルビンGMも対応に追われた。そのため代理人ネズ・バレロ氏との本格交渉には発展しなかったもようだ。交渉期限は米中部時間午後4時(同18日午前7時)。同GMは「あした(17日)も時間がある。こういう交渉はギリギリまでいく場合が多い」と地元記者に語った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月18日のニュース