ダル最終交渉スタート「昼夜も関係ない交渉になるだろう」

[ 2012年1月18日 06:00 ]

レンジャーズとの交渉で最終局面を迎える日本ハム・ダルビッシュ

 レンジャーズと日本ハム・ダルビッシュ有投手(25)サイドの最終交渉のゴングが鳴る。16日(日本時間17日)、ダルビッシュの代理人アーン・テレム氏、団野村氏が午後4時すぎにレ軍の本拠地・テキサス州入り。レ軍側と情報交換を行ったとみられ、17日にテーブルに着いて交渉がスタート。大リーグ関係者は「昼夜も関係ない交渉になるだろう」とした。

 大きな焦点となるのが、レ軍による2度目の条件提示だ。今月上旬の提示は6年総額5200万ドル(約40億円)前後で、年平均では850万ドル(約6億5450万円)。

 ダルビッシュ側は5年契約で年平均1500万ドル(約11億5500万円)を希望額としている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月18日のニュース