中畑監督 松井に公開オファー「センターで獲ったのなら使えるかもしれない」

[ 2012年1月18日 06:00 ]

中畑監督(左)からDeNA入りを熱望された松井(中)はやんわり拒否?長嶋さんも大笑い

 ゴジラに公開オファー。DeNA・中畑清監督(58)の「就任を祝う会」が17日、東京都港区の東京プリンスホテルで行われ、球界関係者や芸能関係者ら約1500人が出席した。

 サプライズゲストとして恩師の巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(75)、巨人コーチ時代の愛弟子でアスレチックスからFAとなっている松井秀喜外野手(37)も駆けつけ、18年ぶりの3ショットが実現。中畑監督はDeNAが獲得に興味を示している松井に壇上でラブコールを送った。

 新指揮官はチーム指針として「守りをしっかりできるチームにしたい。松井が凄く下手だったから。そういう意味では守備はきっちり…」と話し、爆笑トークのゴングを鳴らした。

 長嶋氏「そんな下手じゃないよ」

 松井「ゴールデングラブ賞、獲ってるよ。3回も」

 中畑監督「どこで?本当に?」

 松井「センターですよ」

 中畑監督「センターで獲ったのなら、DeNAでも使えるかもしれないな」

 松井「エッ!?」

 長距離砲獲得を目指しているDeNAは、昨年末から池田純球団社長が松井獲得に強い興味を示していた。中畑監督と松井も強い絆で結ばれている。

 松井が巨人入団1年目の93年、打撃コーチを務めていたのが同監督。自宅の地下室を特訓部屋として打撃指導を行い、日本を代表するスラッガーに育て上げた。就任が決まった際に電話で「うそでしょ?監督になるなんて信じられない」と毒舌で祝福されたという同監督は「“もう地下室で素振りはしません”って言ってたよ」と苦笑い。この日は舞台裏で仁美夫人と3ショットに納まったが毒舌は同様だった。

 中畑監督の公開オファーに続き、司会の徳光和夫アナウンサーも「DeNAの春田オーナーも待っていると言っています」と松井に振ったが、「長嶋監督がOKと言わないといけないそうです」とかわされた。

 それでも、めげない。松井の今季所属先が未定なのは紛れもない事実。会の終了後には「(公開オファーは)そんな冗談じゃない。チャンスがあったら日本球界のために雄姿を見せてほしい。可能性があればチャンスを待つ」。その目は真剣だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月18日のニュース