井端 遊撃再コンバート熱望「いろいろ考えてしまう」

[ 2012年1月5日 09:38 ]

 名手が遊撃への再コンバートを志願した。名古屋市内のホテルで行われたトークショーで中日の井端は「ショートやりたいです。ホントやりたいです」と慣れ親しんだポジションへの転向を熱望した。

 昨年まで2年間守った二塁では「いろいろ考えてしまうし、景色の違いもあった」とし、試合の中で自らの全精力を使い果たすことが少なかったと説明。

 「自分から言いに行くつもりはないし、最終的には監督の判断に従う」としたが、遊撃で09年まで6年連続ゴールデングラブ賞を獲得した名手だけに、高木新監督の決断が注目される。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月5日のニュース