小久保 史上最年長のゴールデングラブ狙う

[ 2012年1月5日 06:00 ]

 40歳のソフトバンク・小久保が、福岡空港から自主トレ先の米アリゾナへ出発。残り38本の通算2000安打に加え、ヤクルト・宮本の40歳11カ月を上回る史上最年長でのゴールデングラブ賞獲得を目標に掲げた。

 昨年12月に手術した首は「不安は全然ない」。故障続きだった昨季は一塁での出場は75試合と規定ギリギリでの2年連続受賞だっただけに「守備も当然やるし、普通に出られればそこ(ゴールデングラブ賞)は獲りにいきます」と、一塁での144試合出場にもこだわる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月5日のニュース