和田 比叡山で“修行”「心が洗われた プロ1年目のような気持ち」

[ 2012年1月5日 18:07 ]

座禅に取り組む米大リーグ、オリオールズの和田

 今季から大リーグに挑戦するオリオールズの和田毅投手(30)が5日、大津市の天台宗総本山・比叡山延暦寺で練習を公開し「先発ローテーションに入るのが最低限の目標。その中で柱になれるようにしたい」と意気込みを語った。

 雪が降り積もる中、ダッシュやスクワットを交えながら足場の悪い山道を約1時間半かけて登った。和田は「日本の文化や歴史を学んで、日本の誇りを持って戦うにはふさわしい場所」と、登山の後は境内を見学し、座禅にも取り組んだ。心身を鍛えた左腕は「心が洗われた。プロ1年目のような気持ちになった」と満足げに話した。

 6日からは宮崎県内で練習を積む。「日本でできる準備はしっかりしたい」とキャンプを見据えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月5日のニュース