46歳になってなお創意工夫 山本昌、新球習得へ

[ 2012年1月5日 06:00 ]

母校の日大藤沢高で自主トレを行う山本昌

 球界最年長46歳の中日・山本昌が、母校・日大藤沢で始動した。昨季は春季キャンプ中に右足首を脱臼。24年ぶりの勝利なしとなる1軍登板なしに終わっただけに、今季に懸ける思いはすさまじい。

 「キャンプではスクリューの握りも探りたいし、カット系のボールも試したい」と新球習得を目指す。第1クールからブルペン入りする考えで「普通なら今年はスーツを着ている。球団が配慮してくれたし、恩返ししたい」と完全燃焼を誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月5日のニュース