トーリ氏 10年まで監督務めていたドジャース買収へ

[ 2012年1月5日 06:00 ]

 大リーグ機構は4日(日本時間5日未明)、ジョー・トーリ副会長(71)が辞任したと発表した。10年まで監督を務めていたドジャースの買収グループに参加するためで、同氏は声明を出し「機構には本当に感謝している。ただ、ドジャースを買収しようとしている投資グループに参加できる機会を得たので、辞めることを決めた」と説明した。

 ド軍はアスレチックスからFAの松井獲得に動いているが、ヤンキース時代の恩師であるトーリ氏が共同オーナーになれば、松井獲得を後押しする可能性も出てきた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月5日のニュース