3・28東京開幕へ準備…イチロー、軽快に自主トレ

[ 2012年1月5日 18:15 ]

打撃練習をする米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手

 米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(38)が5日、ほっともっとフィールド神戸で、メジャー12年目のシーズンへ向けた自主トレーニングを公開し、軽快な動きを披露した。

 年明け早々から思い切りバットを振る。約80メートルの遠投を軽々とこなす。自主トレ公開日の見慣れた光景だ。「(何も)変わらない。(変化は)思い浮かばない」と言うように、200安打や球宴出場は昨年で途切れたものの、新しいシーズンへの準備は変わらない。

 変化といえば、ソフトバンクから海外フリーエージェント(FA)権を行使した川崎宗則のマリナーズキャンプ参加だろう。2度のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表の仲間として戦い、同じ価値観を抱く後輩が、自分を米国まで追い掛けてきた。「おばかに見える(ほどの)真っすぐさ。あれが最大の武器」。川崎の持ち味を挙げながら、自らもその情熱に刺激を受けているようだ。

 「WBC以来で一緒にプレーできる可能性がある。それに心が躍っている状態です」。川崎の無鉄砲にも見える挑戦は、少なくともイチローの新たな力となっている。

 開幕は3月28日の東京ドームでのアスレチックス戦。イチローは「そこに向けて準備するだけです」と静かに言った。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月5日のニュース