土生は「赤」恩師からの勧めに「さっそく準備しようと」

[ 2012年1月5日 06:00 ]

 広島・土生は「赤」で勝負だ。首位打者に輝いた早大3年時に赤の用具を使っていたが、不振に陥った4年時は青に替えていたという。高校時代の恩師、広陵の中井監督にあらためて「ラッキーカラーは赤」と勧められ、「さっそく準備しようと思います」と苦笑した。

 この日はランニングや阪神・上本相手のティー打撃などに汗を流した。途中、同監督が助言する場面もあり「“打撃はよくなっている”と言ってもらった。自分が考え、意識してやってきたことなので、よかった」と笑顔を見せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月5日のニュース