桃井オーナーと一問一答「3年V逸は許されない」

[ 2011年11月16日 06:00 ]

宮崎空港に到着した桃井オーナー

 巨人・桃井オーナーに聞く

 ――宮崎に来た理由は

 「今回の件で現場に迷惑を掛けたし、何が起きているか分からないというのがあったんで、それを伝えて、動揺しないで仕事をしっかりやってほしいと伝えたかったのが一つ。もう一つがきょうは監督、コーチに会ったんだけど契約が全然進んでいない。東京に戻ってからきちっとやるよということ。監督についても年数を言ってないというか固まっていなかったんでそれを伝えた」

 ――監督の契約は優勝が条件の2年契約か

 「優勝が条件というのはちょっと言い過ぎだけど、3年V逸は許されないということは僕も思っているし、監督もその決意でやってくれよということ」

 ――岡崎ヘッド以外のコーチと話は

 「一応全コーチと話した。単独で会ったのは監督とヘッド。後は3人ぐらいずつで。選手は時間的にもなかったんで、高見君(マネジャー)が伝えてくれると思う」

 ――渡辺球団会長と清武球団代表の対立について着地点は

 「それは難しいというか…、最初に会見があって、会長談話が出て、それに対して再反論という形でどんどん動いている。ただ、ああいう問題を外に向かって記者会見でやるというのは僕の常識にない。中身の問題ではない。これは許せない」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月16日のニュース