海外移籍は消滅も…福原残留要請に返答保留「まだ先」

[ 2011年11月16日 06:00 ]

 阪神は海外FA権を取得している福原が、西宮市内の球団事務所で2度目の交渉を行った。

 球団側から再度の残留要請を受けたが、権利行使を含めて返答を保留。「(球団側の)話を聞いて、普通に話しただけ。(決断は)まだ先」とした。インディアンスなどメジャー球団が興味を示しているが、関係者の話を総合すると海外移籍の選択肢は消滅。一方で福原自身はFA権の行使については悩んでいるもようで、沼沢正二球団本部長は「(交渉は)継続中。返事はもらっていません」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月16日のニュース