3戦連続2得点…落合監督「ウチらしいといえばらしい」

[ 2011年11月16日 06:00 ]

<中・ソ>タオルで顔をぬぐう落合監督

日本シリーズ第3戦 中日2―4ソフトバンク

(11月15日 ナゴヤD)
 いくら「投手王国」の落合竜でも、3試合連続の2得点で3連勝できるほど甘くなかった。中日打線はわずか4安打で、得点は6回の井端の内野ゴロと8回の荒木の右犠邪飛によるもの。地元ナゴヤドームでの初戦を落とした落合監督の試合後の会見は10秒余りだった。

 「ウチらしいといえばらしい試合だろ。こういう試合も。まあ、そんなに動きが悪いわけじゃないから大丈夫だ」と、いつも通りの余裕のコメント。そして「(会見を終えるのが)早い?ハッハッハ」と笑いながら、インタビュールームを後にした。

 終盤に接戦に持ち込んだのは「らしい」戦いといえる。それでも3戦合計で15安打6得点。特に序盤の5回までは0安打、1安打、1安打とソフトバンクの先発陣に完全に抑えられているのが現状だ。この日のように先に3点を奪われると今の打線の状態では厳しい。

 3打数無安打の5番・和田は「摂津はCSの時と少しイメージが違っていた。思ったよりスピードがなかったけど、コントロールが良かった」と悔しがった。特に6番・谷繁がブレーキで、3打数3三振。9回には代打を送られた。これでCSファイナルSから30打席連続無安打。リード面での負担の影響を問われると「それは言い訳になる。力がないだけ。早く打ちたい」と言った。

 有利な状況は変わりないが、地元での日本一達成で落合監督の有終の美を飾るには連勝しかない。「また、あしたです」と力強く言い切って愛車に乗り込んだ和田。先制点を挙げて逃げ切る得意の形に持ち込むためにも打線の奮起が必要となる。

 ≪7番以下に2発は初≫中日は7、8番の多村、細川に一発を浴び敗退。中日のシリーズ1試合被本塁打2本以上は14度目(3本塁打3度含む)になるが、7番以下に2発は初めてだ。なお、この日の結果、今シリーズはここまでホームが全敗。開幕から3戦以上本拠地球団が敗れるのは、80、82、85、93、00年に次ぎ6度目。最長は00年巨人対ダイエーの第5戦となっているが、今季はどこまで続くか。

 ▼中日・小林正(6回2死一、二塁で登板し川崎を二ゴロ)井端さん(の好守)に助けてもらえて良かった。左打者相手なのでしっかりイメージしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月16日のニュース