巨人 元セーブ王のマイケルら4選手戦力外

[ 2011年11月16日 06:00 ]

 巨人は15日、MICHEAL(マイケル中村)投手(35)、中里篤史投手(29)、上野貴久投手(28)、紺田敏正外野手(31)と来季の契約を結ばないことを発表した。

 MICHEALは日本ハム時代の06年には39セーブで最多セーブのタイトルを獲得するなど守護神として活躍し、08年オフにトレードで巨人に移籍。過去2年は計66試合に登板するなど中継ぎで存在を示したが、今季はわずか7試合の登板で防御率も4・32だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月16日のニュース