ホールトンが苦しみながらも勝利投手に

[ 2011年11月16日 23:35 ]

日本シリーズ第4戦 ソフトバンク2―1中日

(11月16日 ナゴヤD)
 ソフトバンクのホールトンが苦しみながらも、6回途中1失点と粘って勝利投手となった。「ブルペンに助けられて、チームワークの勝利でした」と救援陣に感謝した。

 クライマックスシリーズでは登板がなく、実戦での登板は10月18日以来だった。微妙な制球がきかず、レギュラーシーズンの172回1/3で36四球しか与えていなかった右腕が5四球も許した。「投げたいところに投げきれなかった。いい、悪いがはっきりしていた」と苦笑していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月16日のニュース