村田 FA権行使せず残留決定的

[ 2010年11月13日 06:00 ]

 国内FA権を取得した横浜の村田は、権利を行使せずに残留することが決定的となった。

 15日の3度目の交渉で球団に残留の意志を伝え、会見を行う。獲得に興味を示していた楽天への移籍か、残留の二者択一だった。加地球団社長は「まだ聞いてない。じっくり考えてくれればいい」と話すにとどめたが、今季打率・257、26本塁打と満足な成績を残せなかったこともあって主砲は残留を決断したとみられる。第1回交渉で年俸2億6000万から大幅ダウン提示されたが、11日の第2回交渉で若干の上積みもあり、単年契約を結ぶ方向。3年連続最下位からの巻き返しへ、男・村田がチームを背負って立つ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2010年11月13日のニュース