神長監督 最後の試合終え「何か足りなかった」

[ 2010年11月13日 06:00 ]

<日本通運・JFE東日本>野村(左)に声をかける日本通運・神長監督

 【日本通運0-3JR九州】今季限りで勇退する日本通運の神長監督は、最後の日本選手権を終え「大きなタイトルを獲りたいと思ってやってきたけど、何か足りなかった。次の世代の人にこじ開けてもらいたい」と、指揮を執った10年間を振り返った。

 また、西武からドラフト2位指名された牧田は、この日登板機会がなく「最後に自分が抑えて勝ちたかったけど、かなわなかった」と悔しそうだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2010年11月13日のニュース