寺内 キムタクになる!捕手練習本格開始

[ 2010年11月13日 06:00 ]

レガースとマスク、プロテクターを装着した寺内が捕球練習する

 巨人の宮崎秋季キャンプで、寺内が第3捕手を目指して本格的に練習を開始した。

 原監督は「タク(木村拓也前内野守備走塁コーチ)のように第3の捕手がいてくれれば」と話していたことから、内野守備に定評がある寺内に白羽の矢が立った。前日まで打撃マシン相手に捕球練習をしていたが、この日は初めて防具を装備。村田バッテリーコーチに指導を受けて練習をこなした。ポストキムタクを目指す寺内は「捕手は中学の時にやっただけ。簡単ではないけど自分にプラスになる。こつこつやりたい」として、村田コーチも「きょうは基本だけ。守備はうまいからセンスはある」と及第点を与えた。

 ≪小野、サイド転向野間口がホークス戦登板≫ 巨人秋季練習で、13日は今キャンプ初の対外試合となるソフトバンク戦(サンマリン宮崎)が行われ、ルーキーの小野が先発する。 マウンド度胸が売りの右腕は、現在取り組んでいるカーブの解禁を宣言し「(体が)突っ込まないように投げたい」と話した。サイドスローに転向した野間口も1イニング程度投げる予定。また、三塁兼任を目指す亀井も「4番・三塁」で先発予定だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年11月13日のニュース