タイガース 上原獲りの可能性浮上

[ 2010年11月13日 06:00 ]

 オリオールズからFAとなった上原浩治投手(35)の獲得に、タイガースが乗り出す可能性が浮上した。

 地元紙デトロイト・ニューズが11日(日本時間12日)付の電子版で報じたもので、担当記者が右の救援投手を補強ポイントに指摘。レイズからFAのベノアらとともに上原を挙げ「安定して打者をねじ伏せることができる投手が必要」と説いた。守護神には07、08年セーブ王のバルベルデ、セットアッパーには最速104マイル(約167キロ)のズマヤがいるが、両右腕とも四球が多く、ズマヤは故障がち。制球力抜群の上原が加われば、ブルペンに厚みを加えることができる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2010年11月13日のニュース