西村監督本気!予告先発を拒否

[ 2010年11月13日 06:00 ]

 【日韓クラブチャンピオンシップ】監督会議ではSK・金星根監督の予告先発の申し入れをロッテ・西村監督が拒否した。

 SKは門倉の先発が確定的な一方、ロッテはエース成瀬ら先発の主力を登録から外した。会見でも「先発は話さないことになったから」とピリピリムードの西村監督は、最終登録メンバー25人の締め切りを試合前日から試合当日への変更、さらに延長無制限を理由に25人枠の拡大も求めた。これら提案は来年以降の検討課題となった。また、本塁打のビデオ判定を採用することが確認された。

 ≪統一球を使用≫今大会では来季から1軍公式戦で使用される統一球を使用する。すでに12球団の秋季キャンプなどには配給されているが、国内公式戦で使われるのは今回が初めて。公式練習で使用したロッテ・サブローは打った感触に「重いと言われれば重い」。投手陣も大嶺が「滑りますね。指にかからないとスライドする」として、内は「小さく硬い感じだけど、指先がしっとりしてれば大丈夫」と感触をつかむのに必死だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2010年11月13日のニュース