多村15日にFA宣言 ホークスとは交渉継続へ

[ 2010年11月13日 15:55 ]

 ソフトバンクの多村仁志外野手(33)が海外移籍も可能なフリーエージェント(FA)権を行使することが13日、分かった。15日に東京都内で意思表明する。残留を強く求めるソフトバンクとの交渉はFA宣言後も継続する方針。

 多村は横浜からのトレード移籍で2007年からソフトバンクでプレー。昨季で海外移籍も可能となるFA権の取得条件を満たした。自己最多の140試合に出場した今季は、自己最高の打率3割2分4厘、27本塁打、89打点を挙げて打撃3部門でチームトップの成績を残し、7年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2010年11月13日のニュース