高橋 FA権「興味なし」5000万円減残留

[ 2010年11月13日 06:00 ]

 国内FA権を取得した日本ハムの高橋が札幌市内の球団事務所で残留交渉を行い、権利を行使せずに5000万円減の年俸7000万円でサインした。

 野球協約で定められる限度額を超える大減俸となったが「FAは全く興味なかった。今年は開幕直後から不調で中盤からはケガ。この減俸は仕方ない」。昨季は4番としてリーグ制覇も、今季は7月1日の西武戦(西武ドーム)で頭部死球を受けて一時入院とわずか70試合で打率・242に終わっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年11月13日のニュース