大学の初出場校 ともに初陣飾れず

[ 2010年11月13日 18:28 ]

 【東農大生物産業学部4-3金沢】大学の初出場2校がともに接戦で敗れた。東農大生物産業学部は終盤押しながら九産大に延長11回サヨナラ負け。樋越監督は「選手はよく頑張った。でも簡単に勝たせてくれません」と残念そうだった。

 「そう簡単には…」と同じ言葉を発したのが環太平洋大の中嶋監督。創部4年目での大舞台だったが、9回に逆転された。プロ野球中日出身の同監督は「目標の5点が取れず、勝負どころでスローイングミスが出た。神宮でうちの課題もはっきりした」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2010年11月13日のニュース