2年目左腕・日高が先発候補に指名

[ 2010年11月13日 06:00 ]

 ヤクルトの小川監督が、プロ2年目の左腕・日高を先発候補に指名した。

 08年ドラフト4位で入団した当初は線が細く最速129キロだったが、左ひじの骨髄浮腫を克服した今季は144キロまで成長。「球の出どころが見にくい。期待しています」と話した。フェニックスリーグの10月12日の中日戦(宮崎)ではCS直前の1軍を相手に3回1失点。実家が大分県佐伯市で漁業を営む左腕は「1軍で投げられるようになりたい」と意気込んだ。

 ≪石川 故郷で「県スポーツ大使」に就任≫ヤクルトの左腕エース石川が故郷・秋田県で「県スポーツ大使」に就任した。県庁で佐竹敬久知事から任命証が手渡されると「野球で秋田をPRして期待に応えたい」と意欲を見せた。秋田県では「スポーツ立県」を掲げ、県民に夢と勇気を与える選手をスポーツ大使に任命。石川は、ノルディックスキー複合の高橋大斗選手に続き2人目。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2010年11月13日のニュース